メロンの切り方

メロンの季節ですね~
上手な切り方
(八百屋での裏ワザ)を
ご紹介します。

高価なメロン(ツル付きのもの)は
お客さまがお求めやすいよう、
食べごろのものを半分や4分の1
に切って販売しています。
まずは、食べ頃の見分け方です。
よく「ツルが枯れたら・・・」
という表現をしますが
メロンのツルは、片方ずつ時間差で
枯れるのをご存知ですか?
(写真は左が早く枯れています)

IMG_0948

写真の肥後グリーンの場合は
片方のツルが枯れた頃からが食べ頃です。
個人的には両方のツルがしっかり
枯れたころ(完熟)が好みで、
この頃になると花落ち(おしりの部分)も
指で押すと柔らかく感じます。
早速切ってみましょう!
ナイフで種をひっかけると果肉の表面が
傷ついてしまうので、
上手く切るちょっとしたコツがあります。
ツルを切り落とします。
IMG_0949

切り口を見ると、
楕円形なのが分かりますね。
楕円の長い方に沿って半分に切ります。
(これはつるに沿った方向です)
ツルがついていないメロンは、
表面を薄く削ぐと切り口の形が
分かりやすいですよ。
 3a6b5a7d-s

0242 (2)

種を噛まずに、きれいに切れました。
上手く半分にカットできたら、
種をそっとスプーンで掻き出して
(ご家庭なら手がおおすすめ
決して洗ってダメです)
さらに2~3等分に縦切りすれば
パーフェクト!

1377595510 (2)

メロンは種の周りが1番甘く、
次におしり部分が甘いので
こうして縦割りにすれば、みんな平等に
おいしくいただくことが出来ますよ。

コメントを残す