こんにちは
福岡の野菜ソムリエプロ
野菜と料理研究家 永利裕子です。

 

メロンが美味しい季節です。
アールスメロンの食べごろを見極め方をお伝えします!

(永利裕子 プロ向けやさい塾より)

 

・ツルをみる。
メロンのつるは、片方づつ枯れます。
片方のツルが枯れた頃が食べ時です。

そのころになると、お尻を押したときに、やや弾力を感じます。
アールスメロンは、適熟の時間が短いので追熟しすぎに注意しましょう。
側面まで押すことができるのは過熟です。

切ってみましょう。

適熟ですね!

メロンは、追熟させてから食べるものですが、
保存の方法も重要です。

食べごろまでは必ず常温で保存すること

これは大事。

食べる前に1~2時間ほど冷やしてから切るとベストです。

季節の果物を、おいしくいただきましょう♪

 

 

6月の講座案内は  こちらから

*マンツーマンコースレッスン
新規受講生 6月・7月スタート生募集中

無料カウンセリング・体験講座承り中です。
お問い合わせお待ちしています。

マンツーマンレッスンについて

*仕事に活かす!プロの方向けの「やさい塾」

〈2020年秋 開講〉プロ向け やさい塾

こちらのお申込みフォームより

前回の「やさい塾」についてはこちら

ライン@を始めました。
お友達追加嬉しいです!
より身近情報をお届けしてまいります。


日々のこと、料理は インスタグラム  831biyori から♪