永利裕子の思い

こんにちは!野菜と料理研究家 永利裕子です。
私は福岡で米・麦・野菜を作る専業農家に生まれました。
庭の草花と畑の野菜、収穫用包丁でリアルままごとをする子ども時代を過ごし、
小学生の夏休みには、ザルとハサミを持って家の前の畑で野菜を収穫しては、お昼ご飯を作っていました。
毎日毎日同じ夏野菜・・(旬ですから!)それに昔は調味料の種類が今ほど多くありません。「どうしたら新しい味が作り出せるかな?」この試行錯誤と創意工夫が、私の料理の原点だった気がします。
社会人になってからは7年間料理教室に通い、大手料理教室のパン講師の資格も取りました。
転機は結婚出産後に訪れます。
娘に軽いアトピーがあったことから、「子どもに食べさせたいものは何か」という視点が生まれ、食により強い興味を持つようになりました。
しばらく東京で暮らしたのち帰福。土に近い暮らし、収穫したての野菜が手に入ることの
ありがたさに気付きました。
折しも実家の妹が大病を患い、亡くなるまでの間に病室で二人語り合ったのは、子どもの頃からの食の思い出。おばあちゃんちのみそ汁の具、お茶碗の柄、遠足や運動会のお弁当、旅先で食べたごはん、楽しみだった誕生日ケーキ・・・。
「食べられるようになったらお姉ちゃんのごはんを一番に食べたい」と言ってくれました。
主治医から「毎朝、トマトと人参のジュースを飲むこと」と言われたときは、なすすべがないことを悟り大きなショックを受けました。そして同時に食べること=生きることという基本に立ち返ることになるのです。
2006年に野菜ソムリエプロの資格を取得。
九州の産直農産物を扱う卸会社に入り、マネージャーとして八百屋3店舗の立ち上げと運営に関わりました。
農家さんが丹精込めて作った野菜や果物をどうしたらお客様に手に取っていただくことができるかな?と考える毎日。
店頭でお客様と向き合う中で、「野菜は食べたいけどきっかけがない」「旬や食べ方が分からない」「料理が苦手で・・」などのリアルな声を聴き、世代に関係なくお困りだということを知りました。
その後、充実しつつも多忙な日々を送る中、更年期の影響もあって半年ほど不調な時期を過ごします。
私自身、野菜のある暮らしを楽しみ、もっと健康で豊かな人生を送りたい。
そして同じ思いを持つ人たちの役に立ちたいと思い2015年に独立。

・野菜の旬には役割があって身体によいこと、そして美味しいこと
・野菜の扱いを知ることで料理の腕が上がり楽しくなること。
・旬の素材を楽しむことは気持ちや暮らしを豊かにしてくれること。
・美味しい料理はどんな時だって人を元気に幸せにすること。

野菜の魅力は「旬」にギュッと詰まっています。
まずは九州には九州の旬があることを知っていただくところからお伝えしたいと思います。
旬の野菜と果物を通して、もっと幸せになる。
そんな「幸せのレシピ」をあなたにお届けします。

 

野菜と料理研究家
永利裕子