Instagram

ブログ

韓国ソウル・広蔵市場に行ってみた。~売り場つくりを見てみよう~

福岡より飛行機で1時半 韓国はソウルの 広蔵市場(クアンジャンシジャン)へ 行ってきました。 日本で栽培される青果物、 特に果物は韓国でも栽培が可能 なものが大半で(だから韓国へ の輸出量は増えていないそうです) スーパーマーケットの売り場も 良く似ていると言われますが 市場ではどうなんでしょう?
今回は、売り場の作り方や売り方について見てみましょう。

FullSizeRender_3 (9)

この店は商品が見やすくて私好みだった店。
 段ボールや箱の大きさを揃え マス目のように色を当てはめたような 並べ方は鮮やかで目を引きます。
手前は日常の果物。 奥の高い位置にはギフト用の値の張る 果物を配置。 照明を商品の近くまで下げたところが より果物を色鮮やかに魅せます。

IMG_1850

こちらの注力商材は新高梨です。 フルーツキャップ(果物の保護カバー)の 形が日本とは異なりますね。 梨がキュートに見えます。 高く積んでボリューム満点! よく見ると下の段は紙とネットキャップ のダブル使いで商品の保護にも気配り されているところに好感が持てます。

FullSizeRender_4

ソウルでは、いちごが旬の様子で いちごだけを売る露店も 多数見られました。 品種名は不明でしたが日本の 「紅ほっぺ」に似た姿形と 硬めの食感。 甘み・味も良かったです。 4パック入り箱の上、2パックを立て 段差を繋ぐような魅せ方。 美味しそう〜♪ ザクロはラップで巻いて よりツヤ
があるように見えます。

FullSizeRender_4 (5)

 IMG_1854

次は野菜です。
器や袋の口も丸い形が目を引きます。
丸い器を用いた売り場は ソフトで優しい印象。袋一杯の、これまた丸くフワリと 葉を広げたミニサイズのほうれん草が 可愛らしく、きっと柔らかくて 美味しいのだろうなあ。 と想像が膨らみます。 複数の什器を使うことで少量でも ボリュームのある売り場が 演出できますね! 葉物は裸のまま並べると 鮮度感は出るのですが、 どうしても萎れてしまいがち。 この袋ごと陳列は 真似してみたいと思います。 

IMG_1853 (2)

最後に果物屋売場に 併設されていたジュース屋さん。
100円ショップにもありそうな 簡易な棚に並んでいますが、 それがなんとも レトロな雰囲気を醸し出し、 逆に新しい演出のようでも ありました。

IMG_1857 (2)

カットフルーツもありますよ。 1カップ食べると1日分の果物が 摂れそうですね。 売り方は実にシンプル。 私は大好きです。
日本でもアイスクリームや ジュースの代りに作りたての フルーツカップを片手に・・・いいと思います。

韓国は、野菜、果物が九州の出回り時期とも大きく変わらず、品目も似ていました。
特徴的なのはキムチの材料を多く取り扱っている点でしょうか。
売り場の作り方では、袋や、桶?のようなものを多く活用していることが印象的でした。

2015年12月 
2022年5月改

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。