「とよみつひめ」は福岡県限定生産のいちじく

福岡は「いちじく」がまさに旬ですね。
品種では「とよみつひめ」が年々増えてきています。
いちごの主流が「とよのか」から「あまおう」に変わったように
「桝井ドーフィン」も段々と見かけなくなる日がくるのでしょうか。
豊前地区に多い「蓬莱師(ほうらいし)」には
今年はまだ出会ってないくらいです。

私としては「とよみつひめ」(以下姫と呼ばせてね)より
ドーフィンとか、蓬莱柿(ほうらいし)の方が
いちじく本来の風味とかちょっとした酸味が残っていて好きです。

姫はとっても甘いのだけど、その甘さが砂糖を舐めているように
感じてしまうのです。(姫よ、ゴメン)

「これ甘い?」「糖度は?」
よくよく受けるこの質問からも、消費者の甘さに対する期待度は
見上げる程に高いよなあ・・・と感じているのですが
でもでも、甘いだけじゃあね、物足りない。
酸味や渋みや、苦味や そんなスパイスが効いてこそ活きる「甘さ」
だと思う。あとは香りだ。

とはいえ、姫は実がしっかりしているし、皮は薄いし
お尻が割れにくいので流通の面でも
とっても優秀です。ファンも多い!
「いちご」と「いちじく」Made In Fukuoka
「王」と「姫」はこれから海の外へだんだんと出て行くのかしら。。

コメントを残す