【里芋】手がかゆくならない下ごしらえの方法 – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

【里芋】手がかゆくならない下ごしらえの方法

こんにちは 
九州やさい日和 主宰 
野菜と料理の研究家 永利裕子です。

今日は「里芋」のお話です。

里芋は料理するとき、ぬるぬるして手がかゆくなることがありませんか?
それが苦手で、里芋を使いたくな~いという方に
手がかゆくならない方法をお教えしましましょう♪

そもそも、かゆみの元はぬめりにある

里芋は、ぬめりがあるのが美味しさのひとつですが、手がかゆくなる人にとっては厄介です。

生の芋のぬめりに含まれるシュウ酸カルシウムが原因。

ぬめりをなるべく出さない下ごしらえをすれば大丈夫なんです。

ぬめりを出さない、洗い方、皮のむき方は

水でぬらすと「ぬめり」が出ます。
「ぬめり」を出さないためには皮をむいたら濡らさないのがが大切。

①まず、里芋を皮ごとたわしで洗ってザルに上げて乾かします。

②乾いた里芋を、乾いた手と乾いた包丁を使ってむきます。
 その時にまな板の水分もふき取っておきましょう。

③むいた後は、水で流したり、水につけてはいけませんよ。
 旬の、しかも地元の新しい里芋は、あく抜きや下茹では不要です!

 もし、皮のケバケバが着いていたら、洗わず、キッチンぺーパー等でふき取れば大丈夫ですよ。

④切るときも、まな板、包丁は濡らさないようにしましょう。

里芋は赤芽里芋の方がぬめりは少ない

里芋には、一般的な里芋と、お尻の赤い赤芽芋(品種はセレベス)があるんですが、赤の方がぬめりは少なく、
赤芽里芋の親芋(株の中心の大きな芋)は、もっとぬめりが少なくホクホクしています。

 

 

里芋も、手も、包丁も、まな板も乾いていたらかゆくならない。

かゆみの原因は、ぬめりにあり。
水に浸けると、ぬめりが出ますからなるべく濡らさないように、下ごしらえしましょう!

きっと苦手克服できると思いますよ♪

どうぞ美味しい里芋料理を~☺