Instagram

ブログ

「たけのこ」の上手な冷凍方法とは

こんにちは 永利裕子です。




福岡では、筍(たけのこ)が盛りを迎えています。
(南から旬がスタートするので、九州は全国的にみても早いです)

盛りが来ると、お裾分けをいただくことも増えますね。
食べきれないときには、冷凍保存もおすすめです。
パサパサと冷凍焼けしない上手な方法をお教えします。
①あく抜きをしてゆでる。
   その①ぬかを入れてゆでる。
   その②大根おろしの汁に浸けた後にゆでる。

②料理方法に合わせて切る。

③冷凍保存袋に入れて、平らにならし砂糖をまぶす。
たけのこ100gに小さじ1程度

④冷凍する。


・ポイントは短時間で冷凍できるように、
袋の容量に対して適量をいれて、平らにならしておくこと。

・保存期間は半年までを目安に。
 (でもなるべく早い方がよいです)
・使うときは解凍せずに冷凍のまま煮ましょう。
子供のころ、母が冷凍していた筍を煮てくれることが
時々ありましたが
食感が悪かったり味が落ちていてあまり好きではなかったので
筍は冷凍に向かないと思い、長いこと挑戦していなかったのですが
この方法は合格!おすすめです。


そのほか、細かく切った筍と油揚げを
薄口しょうゆ、酒、砂糖で下味をつけるように煮てから
冷凍するのも便利です。
筍ご飯が簡単に作れますね。

筍を食べきれないときにはぜひお試しください。
***************

*最新の「やさい塾」の詳細・ご予約・お問い合わせは こちらより
単発、オンラインコースご希望の方は、こちら https://cookingschool.jp/school/yasaijuku からはクレジット決済も可能です。



*パーソナル料理レッスンは今月スタートは1名様募集中です。

体験レッスンお問い合わせください。


*その他「料理レッスン(不定期)」詳細・ご予約ははこちら https://cookingschool.jp/school/831biyori
または お問い合わせフォームより承ります。