ごぼうの皮はむく?むかない? – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

ごぼうの皮はむく?むかない?

こんにちは 
九州やさい日和 主宰
野菜と料理研究家 永利裕子です。


今日は「ごぼうの話」です。

ごぼうの皮、むく?むかない?

みなさんはどちら派でしょうか?

私は、皮はむきません。

皮に香りとうまみがあるからです。

たわしや布で、ゴシゴシこすれば程よく皮も取れますから、そのまま切って使っています。

皮をむくときはどんな時?

普段はむかなくても、時と場合によってはむくことも。

育ちすぎて大きい時や、旬の名残りの(終わりの方)皮が厚くゴワゴワしているとき。

そんな時は、ピーラーでサッとむいてから調理します。

ごぼうのアク抜き、どうしてる?

アク、気になりますね。

ごぼうを切るときは、上の写真のように、水を張ったボウルを先に用意し、切ったはなから水につけるといいです。

白く仕上げたいときは、酢を少々いれた水に浸けます。
酢の量は、酢の味がしないくらいの量で大丈夫。

アクは、食べても害はありません。
なので、水に浸けるのは3分~5分つければ十分です。
水が汚れるからと、取り換える必要もなし!


何度も水を変えると、香りもうまみも流れてしまいます。

今日は、ごぼうの皮はむかなくても大丈夫という話でした。

アクも、色のことだけで食べてもそう影響はないですから、抜きすぎないようにしましょう♪

今日も最後までよんでくださってありがとうございます。

***************

◎あなたの暮らしがもっと健康で美味しく愉しくなる!
「もっと美味しく!やさい教室」 
 https://cookingschool.jp/s/school/831biyori

◎仕事の実益に繋げるためのスキルアップに!
「プロ向けやさい塾」 
https://cookingschool.jp/school/yasaijuku


◎パーソナル料理レッスンについて 無料カウンセリング、体験レッスンはこちら 


お気軽にお問い合わせください♪

お問い合わせ