巨峰とピオーネの目利きと鮮度の見方について – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

巨峰とピオーネの目利きと鮮度の見方について

こんにちは 
九州やさい日和 主宰
野菜と料理研究家 永利裕子です。

8月~9月は地元のぶどうが美味しいですね。
今年も、店頭ではシャインマスカットが目立っていますが、食べ慣れた黒いぶどう「巨峰」や「ピオーネ」もやっぱりいい。
今日は巨峰とピオーネの目利きについてご紹介です。







巨峰、ピオーネは色が濃いものが味も香りも濃くて美味しい

 

目利きについてですが、黒ぶどうは色がより黒い方が味が濃くて美味しいです。ただ巨峰はそろそろもう終盤なので終わりがけは若干色が薄くなっているかもしれません。
お値段もピンからキリまでありますが、お値段が高いものは房が大きくて、粒が大きく、色が濃いものです。そういうぶどうは、軸も太いですね。紙に包まれていて軸が長くとってあったりします。ギフト用のに使われたりします。
それに対して、パック入りのものは、ご自宅用、普段用を想定している規格です。
これも、様々なランクがあるんですが、パック入りでもひと房で入っているものは割と上のランクになり、お値段が安くなると2房とか3房を詰め合わせているものもあります。

 

 

 

 

 

 

鮮度の良いぶどうの見分け方



巨峰やピオーネも新しいものが美味しいと思いです。

鮮度の見方ですが、一番見て欲しいのは軸の色です。軸の色がピオーネも巨峰もグリーンのものが新しいです。粒がプチプチしていてハリがありるはずです。軸の切り口が新しいとなお良し。日にちが経ってくると軸が茶色に枯れ、粒が柔らかかったり落ちていたりします。

脱粒(だつりゅう)と言って、粒がぽろぽろと落ちているものは、収穫から時間が経っていることと、売り場で冷やしたり常温に出したりと、温度変化を与えていることも原因。

 

 

 

 

用途に合わせて選んでみる。



美味しいとわかっていても、ギフト用にできるランクのものをいつも買うことはなかなかできないですよね。
用途に合わせて選ぶといいですね。
私は、自宅でちょっと食べたいといは、パック入りのものでなるべく、粒が大きいもの、色が濃いもの、新しいものをみて選んでいます美味しければ、大きな房の必要もないですもの。
あとは、値段との兼ね合いかな。
いいものも、いまいちのものも、お値段と見合っていると買う気モードになります。

いまいちでもお買い得だったりすると、チャンス!とばかりに冷凍してスムージーにしてみるとかコンポートにするとかフルーツビネガーを仕込んだりしています。
種なしぶどうは、そのまま冷凍してリアル「アイスの実」にするのも好きです(笑)




ぶどうの季節を楽しみましょう~!


農家さんに感謝。

今日も最後までよんでくださってありがとうございます。


 

・巨峰とピオーネ の違いは??

 

 


*****************

◎あなたの暮らしがもっと健康で美味しく愉しくなる!
「もっと美味しく!やさい教室」 お申込みはこちら
 https://cookingschool.jp/s/school/831biyori

◎仕事の実益に繋げるためのスキルアップに!
「プロ向けやさい塾」 お申込みはこちら
 https://cookingschool.jp/school/yasaijuku


◎パーソナル料理レッスンについて 無料カウンセリング、体験レッスンはこちら 


お気軽にお問い合わせください♪