そうめん瓜(金糸瓜)の下茹でと食べ方。 – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

そうめん瓜(金糸瓜)の下茹でと食べ方。

こんにちは
野菜と料理研究家 永利裕子です。

そうめん瓜が店頭に並び始めました。 九州では、個人の農家さんが出荷されたものが多く 八百屋さんや直売所でよく見かけます。

見た目は黄色い冬瓜のようですが 冬瓜よりもとても皮が固いです。

茹でると繊維がほぐれて、まるで素麺みたいなので 「そうめん瓜」と呼ばれています。

食べたことがない方には手が出にくい野菜かもしれませんが、 一度食べるとファンになる人が多い野菜。 未経験のかたは、一度挑戦して見られたらどうでしょうか?

下茹での仕方 輪切りにしてお湯から茹でます。 (鍋サイズに合わせてくださいね) 茹でること10分ほど。 竹串をさして、通るようになればOK。 色もやや黄色になります。 冷水に取ってほぐします。 (この作業楽しい♪) シャキシャキ感が美味しいので 茹で過ぎには注意しましょう。

 

簡単料理
その① サラダ 細く切ったハム・スライス玉葱と一緒に マヨネーズで和える。 隠し味の砂糖少々、塩と黒こしょうが少々。

 

その② 

酢の物 そうめん瓜の水分をしっかり取って、甘酢とすりごまで和える。 きゅうりの輪切りや、ちくわを入れても。

その③

挽肉とナンプラー炒め 合い挽き肉をスライスニンニクと炒め、 スライス玉葱も加えて炒める。 ナンプラー(醤油でもOK)で味付けし そうめん瓜を加えて、塩こしょうで味を整える。  癖になる味です! ぜひ 作ってみてくださいね。 くれぐれも 茹ですぎには注意しましょう♪

旬の野菜を取り入れて愉しみが増えますように~♪

 

 

 

2022.9修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。