残りがちな南瓜で作り置きの一品「酸っぱくない南瓜のピクルス」作り方 – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

残りがちな南瓜で作り置きの一品「酸っぱくない南瓜のピクルス」作り方

こんにちは 九州やさい日和 永利裕子です

何でも冷やしたくなるこの時期は、冷蔵庫がの中がいっぱいになりがちになりませんか?野菜室を見ると日持ちのする南瓜や人参は、なんとなく使うの後回しになることも・・・。

気がついたら傷んじゃった。。という前にピクルスにしておくとすごく便利ですよ。茹でてピクルス液につけるだけなので簡単です。

本日の野菜料理は

 

 

酸っぱくない南瓜のピクルス

材料

 

かぼちゃ 1/4個  約400g

 

(ピクルス液)

 水 100㏄ :酢 100㏄ :砂糖 大さじ3: 塩 ひとつまみ  

*水の1/3位を白ワインに変えると、大人っぽいピクルスに。

*あればローリエや黒胡椒(丸ごと)、赤唐辛子(半分に折る)を加えるとアクセントになります。
*今日は粒の黒こしょう、ローリエ、クローブ入れました。


作り方

① ピクルス液を作る。全てを小鍋に入れて一度沸騰させる。(砂糖が溶けれて酸味がまろやかになります) 粗熱を取る。
② 南瓜は、洗って種をところどころ削り落とし、7.8m厚さの食べやすいサイズに切る。
③ 小鍋にお湯を沸かし、南瓜と、塩少々を入れて2分ほどさっと茹でてざるにとる。
ゆで時間は、竹串をさして確認しましょう。
④ 茹でたかぼちゃを保存容器に入れてピクルス液そそぐ。

 



作り方のポイント


*先にピクルス液を作って冷ましたのは、余熱が入りすぎないようにするため。かぼちゃがやわらかくなりすぎると、崩れるので気をつけて。余熱を計算にいれましょう。
*シンプルな料理は、切り方でも差が着きます。厚さや大きさをなるべくそろえましょう。
*匂いが移りにくい瓶やガラス容器に詰めて、冷蔵庫に保管します。
 4.5日持ちます。

 


もっと簡単に作ってもOK

 

南瓜の甘みと、あっさりしたピクルス液で、酸味が苦手な方も子供達も喜んで食べてくれるピクルスです♪

茹でるのが面倒だったら様子を見ながら電子レンジで加熱しても大丈夫。かぼちゃがを無駄にするくらいなら、手抜きしてでもさっと調理した方が賢い!市販の甘酢を味見してアレンジしてもOK。毎日のご飯ですから☺

暑い日の食卓には酸っぱいものが入ると本当にバランスも良くてスッキリしますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も暑さに逆らわず、、マイペースで仕事します、、
今日もお付き合いいただいてありがとうございました♪