みりんで作る、「和梨のコンポート」 – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

みりんで作る、「和梨のコンポート」

こんにちは 
九州やさい日和 主宰
野菜と料理研究家 永利裕子です。



梨が美味しいですね~。
今は豊水とあきづきから、「新高」に品種リレーのバトンタッチがされるところでしょうか

 

 

 

やさい塾 9月より 20世紀とあきづき


いつもは、そのまま食べることが多いですが、たまには手を加えてみましょう

昨日の私のおやつをご紹介しますね。



美味しいみりんを頂いたのでみりんと梨でコンポートにしました。お砂糖いらずでさっぱりしてていい組み合わせなんですよ。





今日も、備忘録的にざっくりとした



材料と作り方です。。


みりんで作る「和梨のコンポート」

 



材料

梨 1個 
本みりんと水 を同量 

クローブ 1個
レモン 1/3個

作り方

 

1.梨は皮をむき6等分から8等分に切る。


2.鍋に梨を重ならないように並べ、みりんと水を同量で、梨の半分の高さまで入れる。

クローブ1個も加えて落し蓋をして10分ほど柔らかくなるまで煮る。
*煮汁を味見をしてみりんの量を調整してください。メーカーでも変わります。
*水分が少なすぎると焦げ易いから気をつけて。

3.仕上げに味見をして甘さがちょうどよければ、輪切りにしたレモンをのせて香りを移すように数分煮る。
保存容器に移し、冷蔵庫で冷やして頂きます。










材料選びのポイント

 

今日の梨は、「あきづき」です。
みりん必ず「本みりん」を使ってください。
みりん風調味料は塩が入っているので今回は使えません。
クローブは、あればでいいです。 なかったらシナモン少々入れましょうか。



アレンジ色々

 

◎そのまま食べても
◎アイスクリームと一緒に食べても
◎またバターたっぷりのトーストしたパンに乗せても
◎クラッカーにクリームチーズと一緒にのっけても
◎生ハムやチーズと合わせておもてなしにも

美味しいです。


買った梨が、いまいち甘くないなーと思った時や、台風の後にたくさん出ている訳あり梨でもコンポートはお勧めですよ。


旬の梨を美味しくいただきましょう~♪







今日も最後までよんでくださってありがとうございます。


◎あなたの暮らしがもっと健康で美味しく愉しくなる!
「もっと美味しく!やさい教室」 お申込みはこちら
 https://cookingschool.jp/s/school/831biyori

◎仕事の実益に繋げるためのスキルアップに!
「プロ向けやさい塾」 お申込みはこちら
 https://cookingschool.jp/school/yasaijuku


◎パーソナル料理レッスンについて 無料カウンセリング、体験レッスンはこちら 


お気軽にお問い合わせください♪