野菜と塩だけ!作り置きにも「夏野菜の重ね煮」の作り方 – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

野菜と塩だけ!作り置きにも「夏野菜の重ね煮」の作り方

おはようございます。

九州やさい日和 主宰
野菜と料理の研究科 永利裕子です。


今日は 8月31日 「野菜の日」です。

暦の上では秋でも、まだまだ野菜たちは夏の名残野菜がメインですね。
たっぷり夏野菜を食べるなら、コレ!
温かくても冷たくてもいいですよ。






本日の野菜料理は
先日のテレビ(KBC 長野博の食のチカラ)でもご紹介した
野菜の重ね煮 (簡単ラタトゥイユ)のレシピと作り方のコツをご紹介します!


 

野菜の重ね煮 (簡単ラタトゥイユ)

 

 

材料



【材料】
・完熟トマト(輪切り) …2~3個  
・タマネギ(1.5㎝角)…1個
・カボチャ …1/4個
・ズッキーニ 小(輪切り)…1本
・ナス(半月切り もしくは輪切り)…1本 まで
・ピーマンやパプリカ…2個

↑ 上から順番に鍋に入れるといいです。

※サヤインゲンやオクラなどお好きな夏野菜でもOK
※野菜は器に合わせて食べやすい大きさに切ればOK
・ 塩…野菜の総量から0.8%目安の量


材料の選び方、切り方のポイント



・冷蔵庫にあるもので良いですが、固いもの(根ものなど)、アクがつよい、クセがある野菜は量を考える、アクを抜く、小さく切るなど考えて使いましょう。

・トマトは、多めだと美味しい。(水煮缶でも)
 輪切りで大きめに切るのは、あとから皮を引き上げやすくするため。

・酸味、甘み、食感のバランスを考えて取り合わせてみましょう。



作り方



【作り方】
① 厚手の鍋にトマトを敷き詰めて 塩と野菜を重ねて入れていく

② フタをして中火にかけ沸騰したら弱火にして20分ほど (焦げないように) 煮込む
  フタをはずし 水分をとばしてさらに5~10分煮る
   野菜が柔らかくなったら出来上がり


野菜の切り方や、盛り付けでも印象変わりますね。

作り方のポイント



・水を1滴も入れないので、最初に鍋を濡らしておくと鍋の焦げ付防止、洗うのがラクです。
・トマトは水分が多いので一番下に! パプリカは一番上にすると彩りがキレイになります!
・野菜の水分が出るまでは弱火で焦がさないように注意しましょう



アレンジ



・オムレツ、肉料理、白身魚にそえて
・スープやカレーにリメイク、味噌汁もok
・洋風炊き込みご飯に
・グラタン、チーズ焼きに
・ピザトーストのトッピングに



野菜の日 野菜をたべよう~!



今日も最後まで読んでくださってありがとうございます!