夏バテか?何も食べたくない日は「水のゼリー」 – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

夏バテか?何も食べたくない日は「水のゼリー」

こんにちは
九州やさい日和 永利裕子です。

今日は雨が上がって湿度が高い。。今年みたいに夏の始まりが早い年は、8月も下旬にかかる頃には相当疲れが押し寄せますね。
皆さんは夏バテしていませんか?

 


何か食べたいような、食べたくないような。。。
何か食べたいけど何を食べていいか分からない。。
ここ数日そんな気がしています。
こんな時は最後の手段、とりあえず「水のゼリー」。
寝る前に作って冷蔵庫へ。


写真を撮るのも忘れちゃったので以前の写真ですみません。


水のゼリー






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分量と作り方


実は、毎回ゼラチンやアガーのパッケージに乗っている分量をみて作っているので
ポイントだけでお許しください。

分量や作り方は、パッケージに書いてあるものより、水を3割増しにするのがおすすめ。
水のゼリーは、柔らかいのが美味しい♪

水をゼラチンでもアガーでも好きなもので固めましょう。
ゼラチンは、動物由来のコラーゲン、アガーは海藻から作られています。
アガーなら常温(40℃前後)でも固まります。

ちなみに、

ゼラチンなら



我が家にあるゼラチンのパッケージには
1袋(5g)のゼラチンで200㏄の水分が固まると書いてあるので
3割増しなら、260㏄ですね。


アガーなら

 


”添付のスプーンすりきり1杯(約4g)で200~300ccのゼリーが出来上がります。”

と、書かれており
ゆるめ希望なので、水 300㏄ で作っています。






そして黒蜜をかけて食べます。

 


黒蜜じゃなくっても、はちみつでも美味しいです。
何かのシロップでも(ジャムをゆるくしてもよい)
甘酒でも美味しいよ。

冷たい飲み物はガブガブと飲んでしまうので、固形物になっているだけでもゆっくり食べるからいいのです。
水よりゼリーの方が満足感が得られるのが良いところ。

アイスばっかり食べたがるちっちゃいお子さん(大きな大人もね・・)、ご高齢の方にもとても優しいデザートです。

ぜひとは言いませんが、気が向いたら作ってみてくださいませ。



今日もお付き合いくださってありがとうございます♪

暑さと上手に付き合って、今日も元気に~