種ありのシャインマスカット、360円なり。 – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

種ありのシャインマスカット、360円なり。

こんにちは 
九州やさい日和 主宰
野菜と料理研究家 永利裕子です。


昨日はやさい教室でした。ご参加の皆さんありがとうございました。
9月の素材のひとつはぶどうです。
人気はやはり、シャインマスカット。








先日、旅先の道の駅で360円のシャインマスカットを見つけました。







シャインマスカットは今や不動の人気ナンバーワンのぶどう。
甘くて種がなくて美味しいですよね。


 

 

種ありシャンインマスカット!




でもこの360円のシャインマスカットには、種がありました。
袋には生産者のお名前と「無農薬で、自然に育ったぶどうです」という表示シール。


そうなんです、種なしぶどうというのはそもそも種がないわけではなくて
種を作らない手間をかけて栽培されれているんですね。



 

種を作らないための「ジベレリン処理」




春に花が咲いた時点でジベレリンと言われるホルモン剤に2回浸け、受粉をさせないことで種なしぶどうを作られています。


ジベレリンというホルモン剤は、植物性のホルモン剤で適正な量を使用すれば体には安全性には問題のないものです。
安心してくださいね。それに類似したものは他の作物でも使用されていて、りんごやキウイフルーツなどの熟度の調整に使うエチレンもそのひとつとのこと。

コップにジベレリンの液を入れて、ひと房(実は付いていない)づつ手作業で浸けていかれるんですよ。
気の遠くなる作業ですね。






ちなみに360円のシャインマスカット、食べてみると本当に種がたくさん入っていて、酸っぱかったです。。
特に房の下の方はかなり酸っぱかった笑 でもすごい差があることが分かって面白かった。
これを食べながら美味しいぶどうを作るのにぶどう農家さん達がどれだけ手をかけていらっしゃるのかということを改めて感じました。
ありがとうございます。

酸っぱかったシャインマスカットは、フルーツビネガーに使いましたよ。



ということで、種なしぶどうは、種ができない処理のひと手間のおかげで種がなかったということでした。
ジベレリン処理なしのぶどうには、どれも種がありますよ。



季節の果物を愉しみましょう~♪
今日も最後までよんでくださってありがとうございます。







********************

◎あなたの暮らしがもっと健康で美味しく愉しくなる!
「もっと美味しく!やさい教室」 お申込みはこちら
 https://cookingschool.jp/s/school/831biyori

◎仕事の実益に繋げるためのスキルアップに!
「プロ向けやさい塾」 お申込みはこちら
 https://cookingschool.jp/school/yasaijuku


◎パーソナル料理レッスンについて 無料カウンセリング、体験レッスンはこちら 


お気軽にお問い合わせください♪