Instagram

ブログ

「季節のレシピ」甘夏のゼリー(アガーを使って)

こんにちは 永利裕子です。

さてさて、今日と明日は「豆板醤」と「玉ねぎ麹」の
ワークショップを開催しています。

終了後に、豆板醤や玉ねぎ麹を使ったご飯もお出しします。

デザートは、甘夏のゼリーです。
能古島の甘夏を使いました。

能古島のあまなつ

甘夏の皮を器にみたてた目にも楽しいゼリーです。
よかったら作ってみてくださいね。

 

甘夏のゼリー(アガーを使って)

◇材料 (甘夏の器 4個分)

甘夏 中3

2個は器に、1個は果汁のみ使用)

アガー 10g

砂糖 80g
水 適量

 

  1. 甘夏を横半分に切り、軽くし果汁を絞って中の袋を取り出す。
    その後に取り出した実を破れないキッチンペーパーやさらしに包んで絞って果汁を取っておく。
    2
    個ぶんの皮はケースにする。

  2. 果汁の量を測り足りない分は水を足して600㏄準備する。

  3. 乾いた鍋に水とアガーを入れてよく混ぜておき、果汁1カップ入れてゆっくり
    煮溶かす。続いて残りの果汁を少しづつ加えていく。
  4. 甘夏の皮をバットや小さな器に入れて固定してから表面張力いっぱいに❸のアガー液を流し入れる。
    (すぐに固まってくるので手早くやりましょう)
  5. 冷蔵庫で冷やし固め、好みのサイズに切ってミントを添える。

    *ゼラチンでもできますが、気温の高い時期は
    常温で固まるアガーまたは寒天がおすすめです。

    *これなら、春の運動会やピクニックにももっていけますよ。

*ではワークショップでお会いしましょう~♪

*************** *

*「やさい塾」の詳細・ご予約・お問い合わせは こちらより
  オンラインコースも募集中です。

パーソナル料理レッスンは今月スタートは1名様募集中です。
体験レッスンお問い合わせください。

*その他「料理レッスン(不定期)」詳細・ご予約はこちら
または お問い合わせフォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。