Instagram

ブログ

ヤングコーンの皮のむき方と簡単美味しい食べ方をご紹介

こんにちは 永利です。
今年もこの季節がやってきました。

初物の実家のヤングコーン♪
ヤングコーンを見ると「夏近し」を実感します。

今日は、「ヤングコーンの皮のむき方」
そして「簡単 美味しい食べ方」をご紹介します。

「ヤングコーンの皮のむき方」

ヤングコーンは、その名の通り
とうもろこしの赤ちゃん。
品種が違うものではありませんよ~

実はまだまだ小さいです。
1枚づつむいていくと、皮のゴミが膨れ上がってしまいます。

皮をむくときは、ナイフで切り込みを入れてから
両手で開き、実を取り出すといいです。


皮のむき方を動画でみてみよう

短い動画です ↓
https://www.youtube.com/watch?v=NnVRMiaXcrk

「簡単 美味しい食べ方」

シンプルに食べるのがおすすめです。

①焼く・炒める  

・皮ごとグリルで焼いて、中の実を食べる。
・小さかったら、そのままか縦半分に切ってヤングコーンだけ炒めたり
 肉やハム、ベーコンと炒める。
 ヤングコーンは生からでも大丈夫です。

・肉巻きヤングコーンも美味しいですよ。

薄切り豚バラをくるくると巻き付け
フライパンんで焼いたら、しょう油、みりんで味付け。
甘めが好きなら、お砂糖を少し足してください。

②ゆでる・煮る
・塩少々を加えた熱湯で1~2分、さっとゆでて サラダで。
・マヨネーズ+七味こしょうをディップに、ちょこっとつけていただく。
・薄切り肉とヤングコーンを煮る。
 味付けは 煮ものたれ(しょう油:酒:みりん同量)+甘み(砂糖)で。
・1cm幅に小口に切って、炊き込みご飯も美味しいです。

③揚げる
 天ぷらに。(天ぷらが苦手ならてんぷら粉を使ってもいいんです!)
 カレー塩とかいいですね。

 

 

「ヤングコーンは摘果(てきか)されたとうもろこし」


  1.5メートル以上に成長するスイートコーンの茎には3~4本の実が着きます。
実を大きくするために最上部の1本を残し、あとの実は若いうちに摘み取ってしまいます。
その摘果されたものがヤングコーンなんですね。
実家もスイートコーン農家ですが、
子供のころはコンテナに 山積みされ畑の隅に捨てられていました。

今では飲食店を中心にすっかり人気もの!  
店頭でもよく見かけるようになりました。

 

*************** *

*「やさい塾」の詳細・ご予約・お問い合わせは こちらより
  オンラインコースも募集中です。

パーソナル料理レッスンは今月スタートは1名様募集中です。
体験レッスンお問い合わせください。

*その他「料理レッスン(不定期)」詳細・ご予約はこちら
または お問い合わせフォームより承ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。