家庭の料理は「3つの食材」を変えるだけで美味しくなります。 – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

家庭の料理は「3つの食材」を変えるだけで美味しくなります。

こんばんは
九州やさい日和 永利裕子です。

今週は、パーソナルの料理レッスンです。
私のパーソナルレッスンはレシピを教えるというよりは「料理トレーナー」として家庭料理を通して素材の事や調理のコツ、基本をお伝えしています。
パーソナルレッスンを始めて3年でいろんなご相談も受けてきました。

 

「本を見てレシピ通りに作ってるけど自分で作るとなんだか違うんだよね~」
「先生が作るみたいに美味しく出来ないんです・・・」

そんな声もよく聞きます。


確かにありますよね。分かるよ~

そして、そんな話を聞き進めていくと・・・共通している3つの食材のことに気づきました。


これを変えるだけで、家庭の料理は格段に美味しくなりますよ。





 

 

使うのをやめてほしいもの 「3つ」

 

  1. チューブ入りの生姜
  2. チューブのにんにく
  3. ボトル入りのレモン果汁

 

この3つの代わりに使ってほしいもの

  1. 生の生姜
  2. 生のにんにく
  3. フレッシュレモン

 

 

もし、当てはまる方は、試してみられませんか?
分かりやすく変わります!

 

 

生姜を買っても無駄にしてしまいがちな方におすすめの保存方法

生姜を買っても使い切れないかたは、
できれば、一度にたくさん買わないこと。

1週間~10日程度なら、キッチンペーパー、新聞にくるんで、さらにラップや、保存袋にいれて冷蔵庫の野菜室に入れればOK。
それ以上なら、スライスして冷凍するか、すりおろしてラップの上に平たくおいてから包み冷凍するか、
丸ごと冷凍しています。
スライスは、肉や魚の煮物に便利です。
すりおろしは、使う分だけパキットと折って使えます。丸ごと生姜は、少量ほしいときに、凍ったまますりおろして。

 

にんにくを買っても無駄にしてしまうことが多いという方は

にんにくは、芽が出ないうちに冷凍すると便利です。

こちらを参考にどうぞ  → にんにくの保存方法

 


レモンを無駄にしがちな方におすすめのひと手間

レモンって、一切れのために、包丁とまな板を出すのが面倒だったりしませんか?
私は・・します。
くし切りで使うことが多いので、最初に切るときにすべてくし切りにして保存用に入れてしまいます。
そうすると、飲み物でもサラダでも、肉料理に添えても、面倒くさくないですよ。

普段使い慣れていない方は、レモンをもっと活用してみませんか?
(香酸柑橘類ね)
肉、魚、サラダ、麺類、スープとも相性いいです。
きっと新しい発見しますよ~

あと、飲み物に入れてもいいでしょ。

 

まとめ

香りの物っていうのは、生が一番。

便利さを取ればのか美味しさを取るのかそれは自由ですけれど、もっとご自分の料理を美味しくしたいと思っている方は、

フレッシュな「生姜」「にんにく」「レモン」使う。これを実践してみてください。

 

 


今日もお付き合いいただいて、ありがとうございました。