Instagram

ブログ

やさい塾(2022・6)より、きゅうりについての質問にお答えします。

こんばんは
福岡でプロ向けやさい塾を主催しています 永利裕子です。
6月のやさい塾開催しました。


今日は「きゅうり」について質問があったことなどをピックアップしてお話します。


小さいきゅうりにもいろいろ

ラリーノきゅうりはミニきゅうり

この小さなきゅうりは、そもそもミニサイズ品種のきゅうりです。

このサイズを生かして丸ごと、浅漬けやピクルスに使うといいですね。
普通サイズのきゅうりだと、この長さでこの太さにはなりません笑

久留米堀農園 ラリーノきゅうり




こちらのきゅうりは曲がりが出てしまった普通サイズのきゅうりを未熟なうちに収穫したもの。




このきゅうりは、時間が経つと通常のサイズになるきゅうりです。そのまま育っても大きく曲がってしまうので早いうちに収穫して出荷されたものですね。

曲がりきゅうりは未熟で収穫している部分シャリシャリしていて、とても食感が良いです。浅漬けにしたりその他の料理にいつもどおり使うととても美味しいです。野菜屋さんだった時は、この「曲がりきゅうり」は人気商品でした。


「曲がりきゅうり」が欲しいときは、スーパーではなく、農産物の直売所や、小さな八百屋さん(個人の農家さんが地方市場に出荷、それを競りで仕入れしている八百屋さん)をのぞいてみてください。

ちなみに、きゅうりの相場が安いときはあまり出ないです。
相場が安いときはきゅうり自体の出荷量が多いときで、未熟きゅうりまで手が回らなかったり、値段も安かったりするからでしょうね。

きゅうりの頭が折れているのはどうして?




「たまに、きゅうりの頭が折れてないものがあるんですけど あれは何でしょう?」という質問がでました。

きゅうりは、JAの規格に沿って出荷されているものや、高い値段がつくものは全部ハサミでカット収穫をしてありますが、
個人で市場に出荷される規格外品や、直売所に出荷せれるものの中には、手で折って収穫してある時があるんです。

そういう時に頭のところがかけた状態で店頭に並ぶんですね。
まあ、ここに気が付いている人は相当の野菜好きもしくはマニアックなひとかな??




今は、店頭には「きゅうり」「きゅうり」「きゅうり」
季節のきゅうりを楽しみましょう♪


その他 きゅうりについては 下記からどうぞ♪

こちら 「簡単レシピり豚バラ肉の炒め物


こちら「白瓜は同様に料理するといいですよ」

こちら「きゅうりに着いている白い粉はブルーム、農薬ではないんです。」


今日も読んでくださってありがとうございます!