料理教室のはじめ方(料理教室開業サポート) – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

料理教室のはじめ方(料理教室開業サポート)

こんにちは!

九州やさい日和 主宰しています。

野菜と料理研究家 永利裕子です。

   

今日はマンツーマンレッスンでした。 料理ではなく・・・ これから料理教室を始めたい方のための開業サポートレッスン。

たとえば 料理が好き、自信がある。 たとえば 大手の料理教室で講師の資格を取得した。

さあ、料理教室を始めたい! で、 「何からやったらよいの?」わからない。。
そんな方への寄り添い型サポートをしています。

私は料理教室の先生に必要なのは 次の3点だと思っています。

①料理ができ、教えるのが上手なこと
➁情熱があること
③経営の感覚があること

今日は③について触れたいと思います。
料理教室も、立派な事業。 規模は違っても、経営の感覚は必要です。

  私は、前職から10年間、7店舗の八百屋の立ち上げ、運営を やってきましたが、料理教室の始め方は、 まさに店の立ち上げと同じだと思っています。

・まずはオープン日を決める。
・逆算して工程表を作る(期限付きのやることリストを作る)

・コンセプトを決めて、一番来てほしい(喜ばせたい)と思う お客様をイメージする(ターゲットを決める)
・継続していくための事業計画をつくる。 →これは絶対必要です。

これができていない方は ゴールがわからないのに走り始めるマラソンのようなものかも。 生徒様はたくさん来ているのに、利益が出ていない先生も きっと多いのでは? でもプロとしてやっていくには生徒様も先生もWINWINでないと 生徒様にも良いレッスンもお届けできません。

その他には、開業届けとか経理処理の仕方とか 仕入れ、集客・告知、レシピ、教室作りなどなど 細かいことはたくさんありますが 、まずは経営の感覚は必要だよ。というお話でした。

このサポートはたまたま生徒様から、ご相談を受けて スタートしたのですが その時に言われたのが 「こんなに大事なこと、全部教えて大丈夫ですか? 先生が増えるのって、競合が増えるってことでしょう?」と。

はい。 確かにそうかもしれません。
でも、考えてみると 私は 野菜から始まる「幸せ」が広げたいと本気で思っていて  ならば、一人よりも複数の方が広がるのではないかと。 (まずは自分が幸せ、からですよ) 料理教室のほかに、青果店のスタッフのみなさまの勉強会講師も 担当していますが、それも同じで スタッフのみなさんがお客様に野菜を通して 「美味しい」とか健康とか、幸せのきっかけを 届けてくれてそれが広がるのはとても嬉しいことだと思うのです。  

 

   

今日も読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。