きのこたっぷり チキンソテー ~本日のやさい料理~ – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

きのこたっぷり チキンソテー ~本日のやさい料理~

こんにちは 
九州やさい日和 主宰
野菜と料理研究家 永利裕子です。

 

 

原木椎茸が安く買える時期は、スライスして1日干して冷凍しています。 味が凝縮されて美味しいです。

本日のやさい料理はきのこを楽しむチキンソテーです。

チキンときのこの相性がいいですね。

いま出ている、原木の椎茸を使えばさらに、歯ごたえ、香りもすばらしいです。

◎春と秋が食べごろ、原木椎茸

チキンのソテーきのこソース

 

チキンのソテーきのこソース

材料(作りやすい量 1枚分)

鶏もも肉 1枚 350g前後
塩 1%
こしょう 適量
サラダ油 大さじ1
米粉(又は小麦粉) 少々

(きのこソース)

椎茸、しめじ、まいたけ、えのきなど 100g
玉ねぎ小1/4個

醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
酢大さじ1弱
ウスターソース 小さじ1
こしょう 少々

 

あれば
カボス、柚子胡椒など (きのこソース)

作り方

 

1.鶏肉は大きめのそぎ切りにして塩こしょうをし、米粉を薄くつける。
  (茶こしを使うとよい)
2.フライパンにサラダ油を熱し、①をやや強火で皮目から良い色になるまで焼き、返して裏側は弱火にして火が通るまで焼く。 鍋フタで重しをかけるとパリっと焼ける。(蓋はしない。 蒸し焼き状態になるから)途中、アクが出てきたらペーパーを使ってふき取る。

3.焼いている間に、ソース用の玉ねぎを薄切りにし、きのこは軸を手で取るか切り落とし、ほぐしておく。(洗わなくてOK)

4.鶏肉を取り出し、フライパンの脂を軽く取り玉葱ときのこを炒めて、 調味料も加える。 味見をして足りなければ塩こしょうをする。
  鶏肉にソースを乗せて、好みでかぼすを添える。

 

 

作り方のポイント

・鶏肉の1%の塩分が基本。
・鶏を焼くときは、触りすぎず、何度も裏表を返さない。

・きのこは焼き付けるように炒める。さっとで大丈夫、調味料が入ると蒸し焼きで火が入ります。
 歯ごたえが残るくらいに仕上げるのがおすすめ。

鶏の下処理のしかた

鶏肉は洗ってよい。
もも肉は脂を取り除き、膜切りと筋切りをする。 また厚さを調える。(火の通りがよく、均一に火が通る。 )
包丁が苦手なかたはチッキンはさみを使いましょう。

塊の鶏肉は前日に塩を全体にすりこんでおくと、水分がでて身がしまる。 洗ってペーパータオル で水分をしっかりふき取ってから調理するとよい。

秋のきのこが美味しい季節は、カボス、すだち、青レモンなど香酸柑橘が美味しい♪
季節のものを取り合わせて今日も美味しく♪ 野菜をたべましょう。

 

今日も最後までよんでくださってありがとうございます。

***********************

◎あなたの暮らしがもっと健康で美味しく愉しくなる!
「もっと美味しく!やさい教室」 お申込みはこちら
 https://cookingschool.jp/s/school/831biyori

◎仕事の実益に繋げるためのスキルアップに!
「プロ向けやさい塾」 お申込みはこちら
 https://cookingschool.jp/school/yasaijuku


◎パーソナル料理レッスンについて 無料カウンセリング、体験レッスンはこちら 


お気軽にお問い合わせください♪