マンションのキッチンリノベーション「機能的で心地よい台所の作り方」床について – やさい日和 831biyori|野菜と料理の研究家 永利裕子の公式HP
Instagram

ブログ

マンションのキッチンリノベーション「機能的で心地よい台所の作り方」床について

こんにちは 
九州やさい日和 主宰
野菜と料理研究家 永利裕子です。

先日から、2121年12月にリノベーションしたキッチンの話をお伝えしていました。
今回でとりあえず、最終回。

以前の記事はこちら
・キッチンリノベーション①
・キッチンリノベーション②キッチン選び

・キッチンリノベーション③棚について
・キッチンリノベーション④食洗機

 

今回は、床 についてです。

 

大成功!足元だけ「モルタル風フロアタイル」に。

うちは、賃貸マンションで
もともとの床は、(写真の床の右側)は白のフロアタイル。
(写真ではグレーに見えますけど、実際はもっときれいな白☺)

キッチンの設置にあたり、周辺のフロアタイルを剥ぐことになっていたので、どうせ変えるならと、モルタル風のフロアタイルに変えました。
予算の関係もあり、キッチンの足元だけ。
なので今は、2色の床色。

これは、大成功♪

やっぱり、水はねはあるし、キッチンの使用頻度が多いので汚れます。
しかも、今回食洗器を設置してみて、ますますそう実感。
食洗器の位置がシンクからやや離れるので、気が付けば、ぽつぽつと水滴が落ちたり、床にはシミが着くんです。

白のままだったら、お掃除大変だったわ~。

ちなみに、モルタル風のフロアタイルは、サンゲツのIS-886です。
ご参考まで。

ひとつデメリットとして挙げるなら、汚れが目立たないから、汚れを放置しやすいことと
モルタル風のフロアタイルの表面が、ざらざらと凹凸の加工がされているので、ふき掃除を丁寧にする必要があることでしょうか。

それを差し引いても、変えて良かったと思ってます。

キッチンの足元にマットは要るのかいらないのか問題??

キッチンマットをどうするかは、悩みどころなんですよね。

結論からいうと、今は使ってます。

ミニマリストさんから言わせれば、「不要。汚れたら拭けばいい」という意見が多いようですが、台所の使用頻度によると思います。
私は、使用頻度が高いので、汚れというより水が飛ぶんです。床が濡れた上をスリッパで行き来するのも好きじゃないので。

それから、今のマットを気に入っているから。という理由もあります。
このマットを買い替えるタイミングが来た時点で、もう1度考えることにしましょう。

今日も最後までよんでくださってありがとうございます。

*************************

◎あなたの暮らしがもっと健康で美味しく愉しくなる!
「もっと美味しく!やさい教室」 お申込みはこちら
 https://cookingschool.jp/s/school/831biyori

◎仕事の実益に繋げるためのスキルアップに!
「プロ向けやさい塾」 お申込みはこちら
 https://cookingschool.jp/school/yasaijuku


◎パーソナル料理レッスンについて 無料カウンセリング、体験レッスンはこちら 


お気軽にお問い合わせください♪